ドライ盆栽とは?

ドライ盆栽とは

ドライ盆栽とは

ドライ盆栽とは、生の盆栽とは異なり、枝の剪定や水やり、鉢変えなどのメンテナンスが一切不要な新しいスタイルのアート作品です。

長い年月を経て育った本物の盆栽ですが、惜しくも成長を終えた枯れた盆栽の樹を使い、ドライにした葉をつけ、鉢や器、スタンドなどにしつらえます。

盆栽の古木感、幹の樹肌、全体の存在感、造形美、ひいては歴史感やわびさび、枯淡の美しさをも感じていただけることでしょう。

現代アート、インテリア、オブジェとして人気で、海外へのプレミアムな贈り物や大勢の方の集まる場所での印象的な空間アートとして、国内のみならず世界でも利用され始めています。

カスタムメイドでの特注品やレンタルでもご利用いただけます。

ドライ盆栽の管理

  • 室内で鑑賞してください。日光や水は要らず、管理不要で永く鑑賞いただけます。
  • 鉢は割れ物であり、枝や葉は水分の無い植物ですので衝撃を与えると折れたり落ちることもあります。
    その点をご理解、ご注意いただきご鑑賞ください。

ドライ盆栽の素材など

  • 樹:長い年月を経た日本の盆栽(日本産)
  • 葉:自然の植物をドライ、プリザーブド化した植物(日本産)
  • 鉢:盆栽鉢、花器、鉄器、各種器など(日本産、他)
  • 鉢の中:寒水砂、黒玉石、白玉石、木材、苔など(日本産、他)
  • サイズ:3㎝~3mぐらい

商標について

DRY BONSAI® は商標登録作品です。
商標権者 藤田茂男
登録番号 第6047599号
第31種 盆栽、ドライフラワー、装飾用乾燥植物
平成30年6月1日登録

盆栽アート作家 藤田茂男氏のプロフィール

藤田

ドライ盆栽作家 藤田茂男
1965年生まれ 出身地:千葉

原宿でミニ盆栽shopを1992年に開業し、2001年に恵比寿に盆栽バーをオープンしました。
常に新しい盆栽のスタイルを提案し、新しいマーケット、次世代の盆栽を生み出してきました。

2018年にはイノヴェイティヴなDRY BONSAI®を商標登録し、2019年3月にTokyo GINZA Salonをオープン。
世界的スタンダードになるメンテナンスフリーの新しい盆栽スタイルを発表します。

ドライ盆栽の主なイベント実績

このページをシェアしますか?